@ゆるきゃり24h

ゆるく妻と母と社会人をやってます。

ミニマリスト

今朝は地震で目が覚めた。

私が住んでいる地方では南海トラフが危惧されているけれど、地震というのもは滅多に無い。

そのため、緊急速報の音には未だ冷や汗をかくほどである。

幸いにも被害が出る程のものではなかった。

世界情勢も不安定、地震もいつ来るか分からない、そんな不安が渦巻くからこそ、毎日楽しかったなと思えるように生きていかなければならないな、と思う。

もしかしたら、明日事故に遭うかもしれない可能性もあるわけで。

 

本音を言えばやはり、まだ死にたくないのだ。

子供が生まれたからこそ、この子達が大きくなるまでは死にたくないと、思うようになった。

守るものがあるというのは、人を強くさせるのだと思う。

 

だからこそ、ミニマリストに憧れを抱いたりしている。

最低限のものだけを持って生きる。

それって、凄く良い生き方なのかもしれない。

必要な物が多過ぎれば、守る事が出来ず失くしてしまうものも多くなる。

両手を広げた時に持てるものだけが、

自分に守れる範囲なのだと、何かで言っていた。

どう暮らしの中でミニマリストになっていこうかと今はまだ模索している段階ではある。

だけど、とりあえず服の数を減らすところから始めたりをしていこうかな。

私服の制服化は難しくても、少ない数で着回しを何パターンか考えて、定着させていきたい。

まず、ミニマリストの一歩として着る服がない、と言う日が無くなる事を目指さなければ。