読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしには友達がいない

仕事始まる前に丸一日1人の時間がある日が3日ほどあって、誰かと会いたいなーと思ったけど、会う人がいない事に気付き、友だちがいない私って、とネガティヴにもなったけれど、友達がいないことは可哀想なことだろかと考えてみてる。

仕方のないことかなあとは思ってる。

結婚して、子供が生まれて、って周りと環境が変われば合わなくなってくるのは当然のこと。

それに昔から1人で行動することが好きだったし、できるなら旅行も家族以外と行くのなら1人で行きたい。

そうじゃなきゃ、予定を合わせて、どこに行きたいのかある程度考えて、それまでの連絡を密にしてとかって非常に煩わしく思えてしまうからだ。

基本その場でこれ面白そうだよ、行ってみよっていう人なので、ガッチガチのプランがあるとどうも気乗りしない。

また、誘うのが苦手だし、誰かと過ごしたい時もあったけれど、その誘う労力と寂しさをとるなら、寂しさを取ってしまう。 

ずっと1人だったのもあって、一人焼肉さえも最近は行ける気がしてる。

こう言う考えが多分友達がいない原因だろうし、何するにもめんどくさいが口癖だった為に嫌気を感じる人もいただろうし、反省もあるけども。


仕事が始まれば、家事に育児に仕事にと、多分休みの日は1秒でも長く寝ていたいと思うだろうな。


まあ、そんな感じでいつか子育てが落ち着いて、土曜日くらいに習い事とかしてみて、気の合う人に出会えればラッキーかな。


カルテットの話を書きたいのに気持ちがぐるぐるしてなかなか書けない。

とりあえずおとなの掟の高橋一生さんの声がセクシー過ぎてみぞみぞすることだけをお伝えします。