読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨音は鍵盤を叩く

音楽を同期しようと思い、久しぶりにiTunesを開く。

膨大な音楽。全部入れても聞かないだろうから選別して入れてみました。

元ばんぎゃるなので、まあそれはもうそちら界隈のものが沢山ある。

約十年バンギャルだったけれど、そんなに新規開拓は当時からしていなかったな。

好きなバンドマンが約十年ほど変わっていない事もあり、解散し、新たにバンドを組み好きになる。という感じ。そんなひとみさんはいったいいつになったらバンドを組むんでしょうか。え、ずっとセッションですか。まじかよ。みたいな感覚である。

しかしこのバンドには、というかひとみさんにはずいぶん救われた。10代の不安定な精神の中で心をもっていかれた、と言っても過言ではない。

世間が悪だとしているものもひとみさんは良いんじゃない?それでも。その感情美しいよ。俺にはわかんないけどさ。と一旦受け止めてくれるというか。分からなくてもいいんだ。でもこの感情を否定しないでくれよ。とずっと思っていた。だからとても救われてきたな。だから、情緒不安になると無意識に頭の中で彼らの歌が流れている。

あとは今年デビュー20周年を迎える樹脂木は相変わらず好きである。このバンドがあったからきっとこの界隈を好きになったなと思う。

この界隈好きでもデスボだとかシャウトとかが多い曲って苦手で。聞いてて疲れてきてしまうというか。だからありむーの声は引き込まれた。逆に受け付けないよっていう人も多いとは思うんだけど。

澄んだ青空の下で彼らの音楽を聴くと無性に涙が溢れる。

理由はわからないけれど。よく、似合う。

歌われている世界は、青空には似合わない暗いもの、そのチグハグさが、美しい。

タイミングさえ合えば、またライブに行きたいな。

世間ではばんぎゃるってあんまり良いイメージないんだろうけど、それなりにばんぎゃるしてる時は楽しかったなあ。本命に必死になって、活力になってたね!あとは大抵どこでもぼっち平気になってるよね。ライブぼっちが基本だったからね!

でもまあ、子供たちにはばんぎゃるにはなってほしくないかな!!!!!