読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慣らし保育終了

感覚的にはまだ仕事始まってないから慣らし保育中みたいなんだけど。

この間、
義弟夫婦がいろいろあって、どうしたいのかって話を義姉と義弟と夫を交えて義姉宅で話し合いしてて。
私は義姉が子供らとごはん食べにおいでとのことだったので甘えて行っただけだったんだけど。すき焼きだった。最高。

まあその、義弟のお嫁さんが
子供に対して毒親になりつつある、みたいな話があってさ。
私はどうなんだろうなーって思って考えてて。

義姉と義弟は最優先が子供だったんだけど、私は夫かな。
私はすべての人生を夫に捧げることはできるけど、子供にはできないなと思う。
もちろん、子供は大切だし命に代えてでも守りたい存在であることは確かなんだけどね。
なんでだろうって考えて、愛情がそんなにないのかな、とか悶々としてた。

で、答えとしては、運命共同体じゃないから。だと思う。

夫婦は夫婦になったときからもう運命共同体だと思う。
どんな時も、同じところに立って、同じ方向を見る存在。
でも、子供はいつか巣立つし、これからの人生、私や夫を反面教師にするかもしれない。
親よりも守りたい存在ができるかもしれない。それは良いことだし、そうなってほしい。
親自身も、いつまでも子供のことに干渉するわけにもいかないしね。

だから、最優先ではないのかもしれない。

夫という存在があって、夫婦があって、だからこそ子供たちが居てくれる。

カルテットで『子をかすがいにした時、夫婦は終わる』
今、ようやくこの言葉がしっくりきた。

1週間

慣らし保育開始から一週間(長女は三日だけど)です。

長女は泣くことはなく、送迎の時だけ不安そうな顔だったり、まだ遊びたいといった顔をしたりで緊張していると喋らないタイプなのでもうちょっと時間は必要かなーというところ。金曜に迎えに行った際は、男の子たちに混ざって、ブロック遊びをしており、一応みんなで遊ぶということができるのかなあと思ったり。

しかし、どうしても園庭にある滑り台で遊びたいらしく、外遊びが出来るようになるのは5月になってからくらいみたいで迎えに行くたびにご機嫌ななめ。


次女は送迎は泣くものの、日中はご機嫌で遊んでいるそうです。

車で遊んだりしているらしい。

金曜は雨だったためかシール貼りをしたらしく、いっぱい紙に貼ってあって、家だと上の子と喧嘩して、続行不可能になるので、保育園で満足にできたみたい。



土曜日は、次女の入園式があり、

長女の入園式よりも入園式だった。

先生たち、慣らし保育のギャン泣きの子供たちで普段よりも大変だと思うのに、そのあと色々と作ったんだろうなと思うと、保育士という仕事は本当に尊敬するなあ。保育士さんがいなければ、私も仕事できないわけだし、待遇改善してもらいたいものです。ちゃんと休んでほしい。


そんな我が子たちはさっそく、保育園の洗礼を受けたみたいで、鼻ぐずぐず。

月曜日、長女の予防接種もあるのでついでに診てもらいますかねー。

ついでに、3歳児健診もあるから明日はハードスケジュール。

午前中に会社に電話しよっと。



頑張れ、我が子

長女の慣らし保育初日。

どうなる事かと次女以上に不安でした。

しかし、その不安の前に次女の園から長女の園まで想像以上に遠いヨーーーー

汗かいた。夏、職場着く前に汗だくだわ。私が着替えいるわこれ。


で、長女はというと。

初日から登園時間ギリギリになっちゃった☆

朝の先生とのあいさつを済ませて、若干嫌がる素振りはありましたが先生と一緒に教室へ連れられ、その顔が不安そうで胸が痛いと思ったものの迎えに行ったらまだ遊びたそうな顔されて、ピアノとかも興味持っていたらしく、母は安心よ。

おやつもペロリと食べ美味しいと言っていたみたい。

これなら、はやくに慣れるかもですねーと先生からも言われ安堵!しかし明日行ってみないとわかんないなー。


次女は3日目に分かってきたらしく

泣かれたけれど

でも散歩行ったりご機嫌だったらしく、預けたらすぐにケロッとしてるタイプみたい。ずっとギャン泣きじゃなくて良かった。


子がいない間に、何かしようと思っていたけれど、何していいか分からずぼんやり過ごしてしまった。

あれあれ。明日はモーニングにでも行ってみようかな。



慣らし保育二日目

昨日は久しぶりに身体が疲れていたらしく、あっという間に眠りについた。

子供らも疲れていたのか、お昼寝長かったのに、すぐに寝た。しかし私の方が先に寝落ちした気がしなくもない。

 

慣らし保育2日目の今日、休みの長女と共に一緒に送って行きました。

いやーギャン泣きするかと思ったらちょろ泣き。先生に連れられこっちを見向きもしない。

というか、セッティングが多くて慣れていないせいか私も様子見る余裕がないというのもある。

 

明日は長女も慣らし保育開始なので、2人送っていくわけですが朝何時に家を出ればいいんだ。

 

次女→長女の送り順だし、仕事が始まったら9時からだからできれば、8時半までには2人とも送り完了したいんだけどなあ。

 

これは慣らし保育の間に調整していくべきかな。

 

久しぶりに上の子だけで午前中過ごしたけど、小さい子が1人だけだとこんなに家事捗るのか。

年子なので長女が一歳3ヶ月の時に下の子が生まれた為、ちょっと楽になるって感覚があんまりなかったんだけど、3歳の子1人だけだとほんと楽さを感じる。バタバタしてる毎日もそれなりに楽しいんだけどね。

 

入園式&慣らし保育

次女、慣らし保育開始。

夫が朝送りに行き、少し泣いたもののすぐにオモチャで遊び、歩いて公園にも歩いて行ったらしい。

迎えには私が行きましたが、私の顔を見てから少し泣いたけれど、すぐにいつも通りでした。良かった。

帰宅後ももっと甘えてくるかなーと思ったけれどそんな様子もなく通常運転。こっちが拍子抜け。


長女の入園式は説明会がメインって感じでしたが、先生たちの様子が見られて良かったかな。

みんな優しそうな先生たちでしたし、仲が良さそうなのも良かった。

入園式は、余興チックな担任紹介があり、楽しかった。もう少し長女が大きいと笑えたのかもしれないけれど、保護者受けはバッチリ。

そのあと、先生手作りア●パンマン

ばいきんまんがやってきました。

子供らが凄い寄って行っておそるべし、アンパンマンたち。


保育園の提出書類が案外多くて

会社に行かねば。

延長保育は必須だし、土曜日も場合によってはあるけど、これ仕事の状況によるなあ。とりあえず園に確認かな。


長女は進級式が明日あるためお休み。

次女は2日目の慣らし保育。

頑張れ、我が子たち。



4月1日

新年度の始まりですね。私はというと、一昨日から実家へお泊りに行ってきました。

30日にちょうど夫が飲み会もあったので。保育園が始まるとなかなか顔を出したりができないため、せっかくなので、子供らと行ってきました。

お泊りは、次女が度々泣くという毎回の事ではありますがそれに体力を使われまったくゆっくりできないという毎度のオチ。

私が高校生の時に父が他界しており、それから私も自立し結婚してから母が再婚した事もあり、再婚相手にそれなりに気を使うこともあって、まあ我が家が一番だなと毎回帰ってくる度に思ったりもしている。家事とかのことを考えるとその分はとても楽だけどね。

新年度、目標としてはまず生活に慣れるということが一番かなー。

仕事をするということが3年ぶりくらいなので、なんだかワクワクしている。

あとは子供たちの保育園。もう明後日には長女は入園式、次女は慣らし保育開始だ。はやい。

どれだけ風邪ひくかドキドキではあるため、家で様子見の前に病院行こう。かかりつけ医が 歩いて3分という場所にあるのですぐに行けるのは助かるなー。


自分自身のこととしては簿記の勉強を本格的にやらねば。

今年中には2級取得する。

問題はその時間をどう作り出すかだけど、朝早く起きて例え一問でも過去問をやっていこう。


あと、素直にヘルプを求める。

これに尽きる。


ということを新年度の目標として掲げていこうと思います。



わたしには友達がいない

仕事始まる前に丸一日1人の時間がある日が3日ほどあって、誰かと会いたいなーと思ったけど、会う人がいない事に気付き、友だちがいない私って、とネガティヴにもなったけれど、友達がいないことは可哀想なことだろかと考えてみてる。

仕方のないことかなあとは思ってる。

結婚して、子供が生まれて、って周りと環境が変われば合わなくなってくるのは当然のこと。

それに昔から1人で行動することが好きだったし、できるなら旅行も家族以外と行くのなら1人で行きたい。

そうじゃなきゃ、予定を合わせて、どこに行きたいのかある程度考えて、それまでの連絡を密にしてとかって非常に煩わしく思えてしまうからだ。

基本その場でこれ面白そうだよ、行ってみよっていう人なので、ガッチガチのプランがあるとどうも気乗りしない。

また、誘うのが苦手だし、誰かと過ごしたい時もあったけれど、その誘う労力と寂しさをとるなら、寂しさを取ってしまう。 

ずっと1人だったのもあって、一人焼肉さえも最近は行ける気がしてる。

こう言う考えが多分友達がいない原因だろうし、何するにもめんどくさいが口癖だった為に嫌気を感じる人もいただろうし、反省もあるけども。


仕事が始まれば、家事に育児に仕事にと、多分休みの日は1秒でも長く寝ていたいと思うだろうな。


まあ、そんな感じでいつか子育てが落ち着いて、土曜日くらいに習い事とかしてみて、気の合う人に出会えればラッキーかな。


カルテットの話を書きたいのに気持ちがぐるぐるしてなかなか書けない。

とりあえずおとなの掟の高橋一生さんの声がセクシー過ぎてみぞみぞすることだけをお伝えします。